早期対策で悩み解消

悩み

尿漏れはタイプによって治療も変化します。そのため、原因と知るためにも必ずクリニックを受診することが大切です。尿漏れのタイプで最も多いのは「腹圧性尿失禁」です。くしゃみや咳をする際にはお腹に力が入ってしまいますが、この腹圧によって尿漏れを起こしてしまいます。出産や加齢、運動不足などが原因となっており、骨盤底筋や尿道括約筋が衰えてしまうことで引き起こされてしまいます。症状の程度によって治療にも違いはありますが、軽い場合には骨盤底筋を鍛える体操を行なうことで改善が見込めます。しかし、重症の場合には体操でも効果を発揮する可能性が低いため、手術を行なうケースもあります。重症化する前にクリニックで検査や治療を始めることが大切なので、放置せずに専門医へ相談しましょう。

腹圧性尿失禁に続き多い原因となるのが「切迫性尿失禁」です。尿意を感じてから実際にトイレに向かうまで我慢することができずに尿漏れを起こしてしまいます。尿意を感じても脳のコントロールによって尿の排泄を抑えることができるのですが、切迫性尿失禁ではコントロールを上手く行なうことができません。勝手に膀胱が収縮してしまい尿の排泄を促してしまうため、結果として尿漏れが起こってしまうのです。切迫性尿失禁の治療では、膀胱の収縮を抑える薬を服用して経過を見ます。多くの人がこれにより改善しますが、女性の場合は切迫性尿失禁が起こる原因が明確化していないこともあるため、病気の観点からも検査や治療を進めていくことが大切と言えます。女性に多い膀胱炎は頻尿の症状をもたらします。場所も時間帯も関係なく尿意が起こるため、少量の尿漏れを起こしてしまうこともあります。治療を行なうことで症状は改善することができますし、水分を取ってこまめに排尿を促すことも早期に膀胱炎を治療し、尿漏れを抑えるためには必要となります。